忍者ブログ
サイケデリックでも生きてゆける 奇妙で愉快な感じでね ヽ(*´▽)ノ♪
日中はまるで初夏
つーかそのまま初夏
夕暮れ時は
過ごしやすい五月

なんだか変な感じで
そんな気候
ほぼ毎日通うスーパーマーケット
トウモロコシ食いてーな

まだない。真空パックの
それはあるけど
それではない
初夏みたいな、僕の身体は

トウモロコシを求めている
塩加減がよい案配の
トウモロコシ
はないけど、夏野菜

深夜のスーパーマーケット
カット・スイカが半額!
メロンソーダーに焼酎
お手製メロンソーダー・ハイ

そしてスイカ
夏かっ!
なんだかよく分からない
季節はまだまだ

ピストル・サマーじゃないし
変な錯覚。変な
時期に咲く桜の気分
ま、どーでもいいか



PR
遊鬼ウタゲ主催イベント
6/25(日)
@別館神戸少年
『目玉の存在』

出演
◆THe鬼にロックンロール
◆Knight Breaker
◆ウタモモ
◆AVANZAR WORLD提供試合(プロレス)

作品展示
◆鬼阿弥(シルバー・アクセサリー)
・今井秀明(横道坊主、スリルラウンジ)
・浅香雅秀
◆西村房子(舞台美術)

OPEN 17:00 START 18:00
前売¥1800 当日¥2000
(共に+1ドリンク)

17:00~作品展示会
《鬼阿弥》《西村房子》

18:00~LIVE START


遊鬼ウタゲ企画ライブ
7/5(水)
@新宿Bar Heavy Gauge
『生音アワー』

出演
◆遊鬼ウタゲ
◆澄歌

OPEN 19:00 START 19:30
投げ銭

*マイクなしアンプなし
リアル・アンプラグド


遊鬼ウタゲ主催イベント
8/20(日)
『THE 川崎ロック・シティ!』voI.2

@川崎Music Bar Teen Spirits
http://www.teen-spirits.com/smart/

《出演》
◆遊鬼ウタゲ
◆DIGITAL SEXY DOLL
◆マルキ・ド・サリー
◆9413

OPEN 18:30 START 19:00
前売¥1500 当日¥1800
(共に+1オーダー)


7月の件、8月の件は、わりと
スムーズに進みまとまった
6月の件は未だに難航している
なにより神戸に僕がいない

故に思うようにいかない
初の遠距離主催イベント
6月の件、7月の件、8月の件
頻繁に連絡したり

連絡が来たり、連絡を
返したりなんとなく
自分の時間が作れない
でもないな。時間が

作れないのではなく
ステージに立つ自身に
集中できない
しかしそれは自身が望み

企画を立て、様々な
人達に声をかけ
プランや構想を伝え
互いに話し合い

時に激しくぶつかったり
時に離れてゆく人がいたり
それでも進めてゆく
それがお祭りなんだし

上記の日程以外にも
間に2、3本ライブを入れる
まだまだプランがあるんだ
まだまだアイディアがある

ギターを弾けば
旋律が降ってくる
しかし堕落の果ての堕落
完全に正気を失うほどに

ぐったりしていたい
両極端な磁場に翻弄されつつ
ワインを飲んで
毎日1リットルのワインを飲み

仏頂面であれこれ思案する日々
https://youtu.be/lrJz9Dh5MsM

120歳まで生きたい、と
オノ・ヨーコ
世界で一番有名な
日本人の女性

故ジョン・レノンの妻
現在85歳
長生きしたいなんてことじゃない
まだ死ねない、そんな

感じだと思う
既に痴ほう症も患い
それでも生きようとする意思
たぶん知っている

間違いなく知っている
気づいている人達がいる
かつて、随分昔だ
僕が20代後半、書店で

オノ・ヨーコの詩集をパラパラと
すぐに手放した
あまりにリアル過ぎて
心拍数が上がり過ぎて

オノ・ヨーコから逃げた
レノン先生は
人間としてダメ人間だったけど
今は分かる

『愛』そんなキーワード
先人が命をかけて伝えてくれた
そんなキーワード
それは『愛』

オノ・ヨーコは
愛そのままで尽きるまで
表現者の枠を越えて
端から見れば醜くて

それでも生きようとする
涙は枯渇して
…絶句
リアルな表現者
8月まで3本、企画ライブ
及び主催イベント
神戸、新宿、川崎
あい変わらず嵐は

6/25 神戸
キーパーソンであった
忍甚くんの降板
体調が安定しないが故に

一年後には心臓移植
成功してほしい!
「お客さんとして来ます」
「僕の知人を呼んで来ます」

本心はお客さんとして
では全くなく
来なくていーよ!
身体を大切にしろよ!

本心は大切な友だちが
病で苦しんでいる
それがとても苦しい
けど、それでもお客さんとして

来ようとする覚悟
かつてステージ上でぶっ倒れ
救急車に搬送され
今は背中にバッテリーを抱え

機械の心臓
来なくていいよ、とも言えない
6/25 神戸
忍甚くんナンバーを

歌うのは止めにした
お楽しみは、後に
とっておく感じで
彼の声で遠くに響かせる

その時まで
一年後に心臓移植
本当の声を響かせる
そのリハビリ

その時にお手伝いで
僕は彼のナンバーを歌う
ひとつのナンバーには
瑞々しい命がある

カラオケじゃねーし
簡単に誰かのナンバーを演奏出来ない
簡単にステージで歌えない
でもさ、いい感じで

ギターを弾いて
歌えるようになったんだけど
それはまたのタイミングにだな
きみが復活すれば

僕のナンバーを演奏し
歌ってくれたらマジ嬉しいぜ


神戸の主催イベント
最後はカバーナンバー3曲を
セッション。内1曲
世界で最も有名なパンクナンバー

サビ以外は原曲とは
全く歌詞が違うから、和訳
ではないけど
僕なりの『Anarchy in the UK』

https://youtu.be/xGLNdqyX4ZI
『Anarchy in the UK』SEX PISTOLS

あんたの頭の中
あんなことこんなこと
偽善面ふりまいて
クソみたいな欲望垂らし

I wanna be an anarchist
no doubt funny

なんだかんだとすり替えて
戦争とか私利私欲
胡散臭いばかりで
吐き気がする 消えちまえ

I wanna be an anarchist
in the city

ゲームはもう始まってる
ミラクルを信じたって
情況は揺らがない
それならば食いつきまくれ

I wanna be an anarchist
it's the only way to be

これは悪夢なのか?
それとも正夢か?
キリストもブッタだって
この世界でお祭り騒ぎ

I wanna be an anarchist
I wanna be an anarchist
I wanna be an anarchist
And get pissed destroy
https://youtu.be/W6FZwVvS8_8
『ポリスとコソ泥たち 』THE CRASH

ポリスとコソ泥たちは街頭で
そりゃあもう!
ヤツラの銃と弾薬で国中で争っている

ポリスとコソ泥は街頭で
そりゃあもう!
ヤツラの銃と弾薬を使って国中を恐怖に陥れる

創世記、ヨハネ黙示録の時代から
次の世代までも…オレは聞かされるのさ

一日一日はすべての群衆にやって来る
誰もとにかく止めようとはしない
すべての和平調停者は戦争屋に寝返る
オレが何を言うかよく聞け

ポリスとコソ泥たちは街頭で
そりゃあもう!
ヤツラの銃と弾薬で国中で争っている

ポリスとコソ泥たちは街頭で
そりゃあもう!
ヤツラの銃と弾薬を使って国中を恐怖に陥れる



このポリスとコソ泥
現代ではアメリカとイスラム国
戦争ごっこをくりかえし
世界対戦へと導く筋書き

例えばアメリカ、イスラム国
全部捨て駒に過ぎない
日本に関しては捨て駒アメリカの
隠れ植民地

一部の絶対的企業の一部
死ぬまでまずお金には困らない
子孫の代からその次までも
そんな一部による地球ゲーム

子供たちも大人たちも
スマフォにてちょっとした
現実逃避、アプリのゲーム
一部の権力者たちによる

暇潰しゲーム
同時進行で進んでいる
先代からのメッセージ
耳をかっぽじって聴くことも大切

偉そうに述べる僕も
ある時期までまったく
他人任せだったし
今は気づいている
ライブの件で中野に飲みに行った
新宿から一駅先
何気に初めての中野
いい感じの街だ

中野でのライブは7月ぐらい
終電間際に新宿へ
パンク・ロック・バー『H.O.D』
いつでも日本人は僕一人

他のお客さんはオール外国人
イングリッシュ・トーク
『H.O.D』は午前2時で閉店
飲み足らない外国人さん達を連れて

次のバー。その流れはちょくちょく
今夜もその流れで
ブロンド・ガール二人を引き連れ
バー・ヘビーゲージへ

ブロンド・ガールズは
午前4時あたりにホテルに戻り
その後、ミュージシャンでもある
マスターの昭さんと話していると

知人のお客さんが来て
話しの流れで
秋に福岡ツアーになり
僕と昭さんによる

僕の地元、福岡のバー
ブラックホールで
ライブ。「福岡に行くぞー」
的なノリで

東京からお客さんも連れて
そんなツアー
基本僕は一人行動が好きだけど
なんかね…ま、いいか

秋に福岡に行くぞー!
でよい気がする
僕も楽しいし
楽しんでくれる人達もいるなら

いいかな、と思う
端から見れば派手な行動
でも僕には地道に
行動したら派手になるだけだ

その兆候はよい兆しだと感じる
プロフィール
HN:
遊鬼ウタゲ
性別:
男性
P R
Copyright ©  -- 遊ぶ鬼の日々 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]