サイケデリックでも生きてゆける 奇妙で愉快な感じでね ヽ(*´▽)ノ♪
先週金曜日、ご近所の
荻窪Doctor's Barへ。知人の
畠山智行さんのライブを観に
もあるし、荻窪Doctor's Bar

一万円で年間飲み放題パスも買ったし
7月、津軽弁うたうたい畠山さんと
青森に行くから、その打ち合わせ
SNSでも打ち合わせは出来る

けど、チケット代だけ払えば
要は飲み放題だ
諸々な事情でDoctor's Barへ
生の音楽を聞きながらアルコール

かつ打ち合わせ
7月半ばに決まった
どうも畠山さんの話しだと
僕も青森でライブをする段取り

それは嬉しい。しかし
青森ならアコースティック・ギター
そんな僕の感覚。それは
それでなんか…挑戦!

ポールダンサーがポール無しに
踊るその感じ。その例えなら
僕にとってのポールはエレトリック
しかしポールダンサーならば

まずはポール無しでも踊り
パフォーマンスが出来る自力
そこが軸であり
そこからのポールダンス

もちろん僕はポールダンサーではない
ま、そんな戯れ言はさておき
挑戦。今年2月に新宿まで
電車で8分の荻窪に引っ越して

同月に荻窪Doctor's Barに出演し
その夜に一万円で
年間飲み放題パスを購入し
先週金曜日に元の一万円を越えた

来年2月半ばまでは
なんか申し訳ないけど
出向いた時には
飲み放題パス+楽しませたい

7月半ば。挑戦
生半可では挑めない
なんだけど、アハハハ
毎度毎度のライブと同じ

まったく変わらない
シチュエーションが未知なだけで
青森には行ったことがないし
つまりめちゃくちゃ楽しみでしかない!

(≧▽≦)

1日1食。もちろん
お腹はすく。お腹がすく
餓死、死は感じない
100% 死の危険性は感じない

ファスティング以前に
エネルギーを消耗した分だけ
食すること
現代人は食べ過ぎだ

本来の食は命を頂くこと
瑞々しい命の素粒子
旬な作物を旬なときに
頂くこと。だからこそ

《イタダキマス》
段階を踏んでファスティング
去年末ぐらいから
1日2食にして慣らしていた

そして1日1食ファスティング
しかしぬるいファスティング
休日は緩めている
ラーメンが大好きだし

なんなら1日2食ラーメン
あまりにストイックになり過ぎると
自分に優しくエコロジーな僕は
続かないのは分かっている

そんなぬるいファスティングDays
効果は確実に出ている
ポッコリお腹はへこみ
目覚めがよくなった

アルコール以外は、基本
水しか飲まない
細胞の活性化。体内生命の
生きようとする力

最寄り駅に向かう途中
路肩に様々な花や雑草
命を感じる
芽吹く力を感じる

僕は堕落者だし
ジムに通ったりとか無理だし
しかしやりたいことがあるから
動ける肉体が今はまだ必要

日々、感謝感謝
そんな気持ちを持ち続けたい
お世話になっている
荻窪Doctor's Bar
本日より金、土
ライブ後の23時以降

午前4時まで通常バー営業開始
第一号のお客さんは
僕。午前0時を過ぎ
まったりしたり

とにかくここは
フードが美味い
小腹がすいたときには
美味しいお酒と美味しい料理

そして音楽
荻窪に愉快なバーの産声
店長の加藤さんは
顔は怖いけど

料理は優しい味わい



東京に越して約2ヶ月
音楽関係以外では…飲み会ばかり
いわゆる職場仲間
互いの終電時間までの1、2時間

なんだけど、ほぼ毎日となると
お金がかさむ
酒飲みばかりだ
誰かと一緒に飲む酒は楽しい

僕からの新しい提案
僕らは店で働いている
新企画《店飲み!》
コンビニでビールとおつまみ

閉店後の僕らの店で
飲み会。実に財布に優しい
アハハハッ
愉快、愉快!
ついに戦争が始まった
夢の中では対イギリス、イタリア
これはありえないけど
夢の中ではそうだった

予め戦争開始時間が
定められていて、その時刻前に
一般人はある場所に避難するよう
伝えられていた

なんだか僕はぼんやりしていて
その時刻のギリギリに部屋を出た
外にはわんさかわんさか
銃やナイフを片手に

たくさんの敵国の兵隊
開始時間少し前
故に僕に攻撃はしない
…しない、脅しで銃を向けられたり

ナイフを突きつけられたり
イギリスにもイタリアにも
かつて行ったことがある
凄く楽しかったことが過るから

ひどく悲しくなった
人間と人間の殺し合いが
間もなく始まること
早歩きで避難所に向かった

その早歩きの最中も
一般人。ではない日本の自衛隊
対イギリス、イタリア
人間と人間の殺し合い

自国を守る自衛隊ならば
非力ながら僕も戦おう
ふとそう思った。けど
それすら不毛だ

何の戦いなのか?
一部の利権者たちによるゲーム
避難所に向かった
避難所内はバカでかい居酒屋だった

ビールを飲んだり飯を食ったり
どんちゃん騒ぎ
僕は知人を探した
途方もなく広い避難所

やっと知人を見つけたら
その一角のテーブルは
みんな僕の知人たちで
内一人が、さっと僕を

席に案内してくれ
生ビールと食べ物をオーダしてくれた
めちゃくちゃ酔いたくて
何杯も何杯も生ビールを飲んだ

しかしまったく酔っぱらわない
今頃、外では殺し合い
相原公理が僕の横に来た
「向こうで飲みましょう」

知人たちのテーブルから
少し離れた二人テーブル
やりきれない気持ち
その夢の中でさへ

いつもと同じように
二人でアホみたいに飲みまくり
ジャア、ドウスル?
ミンナニ、キヅイテモラウシカ

ナイッスワ~
そんな変な夢を見た
一昨日の夜、またまた川崎へ
知人のライブを観に
単に知人であったり
単に友だちであったりでは

片道1時間弱かけて
川崎まで出向かわない
もちろん場所が川崎であり
凄く興味がある知人だから

その夜で会うのは2度目
1度目は先月の2Daysライブの
2日目。Doctor's Barにて共演
その時は雪月花というユニット

そのギタリストで、ソロでの
朱音(あかね)はどんな感じなんだろう
そんな好奇心
めちゃくちゃよかった

川崎のライブハウス内での打ち上げ
その後、共に電車に乗り
新宿の歌舞伎町での打ち上げ
新宿に向かう電車

奇跡的に2人スペースの椅子が
おまけに山手線で空いていて
途中、朱音ちゃんはうとうと
朝、8時から仕事らしい

年間70本ライブをやるらしい
東京だけではなく関西、東北
午前0時を過ぎた山手線
すげぇーバイタリティ

結果、新宿で午前2時まで飲んだ
僕はどうにでもなるけど
朱音ちゃんは…新宿から
徒歩30分らしく

歩いて帰れない距離ではない
東京に越して少しずつ
ネットワークを広げている
僕は歩くインターネット

午前2時。適度な所まで
朱音ちゃんを送り
その後タクシーに乗れば
新宿から荻窪まで¥2000ぐらいかなぁ

と思えば約2倍だった(/_;)
まだまだ土地感がない
しかし企てる気は満々
もっともっと人脈が必要

もっともっと
お祭り仲間が必要





夕方、ぷらぷら散歩がてら
西荻窪へ
西荻窪を訪れるのは初
高架線路沿いを伝い

徒歩15分。近っ
何気に初めて訪れる街
なんかわくわくするっ
新宿に向かう前に

西荻窪をぷらぷら探索しよう
プロフィール
HN:
遊鬼ウタゲ
性別:
男性
P R
Copyright ©  -- 遊ぶ鬼の日々 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS /  /