忍者ブログ
サイケデリックでも生きてゆける 奇妙で愉快な感じでね ヽ(*´▽)ノ♪
今の僕は、水が溢れる直前の
グラスみたい
いつグラスから
水がこぼれ落ち

崩壊しそうな危うささ
可能な限り、端から
自身を見ている
純粋でありたいと思う

しかし純粋なだけでは
成り立たないこともある
それでも純粋な
ビジョンがある限り

先に進むこと
確かなビジョンは
笑顔。仏頂面な僕が仕掛ける
笑顔の連鎖反応

その仕掛けは毎度そうなんだけど
本当は感情にみあった
表情ができたらな、と思う
笑顔って素敵だと思う

無理しているわけではなく
めっちゃ面白いときは笑うけど
何気ない笑顔ができない
気持ちがあっても

基本、仏頂面
表情はなんだかんだで大切
仏頂面ながらに
楽しみを伝えたい

あれこれあれこれ
仏頂面で日々考える
自身が出来るであろう
全部で考える

ステージは全力で表現する
それでもまだまだ足りない
ならば更なる全力
その軸は当たり前

それが分かり始めた
グラスから水が溢れ
床にグラスが滑り落ち
いつでも僕のナンバーは

そこから始まる
失意や絶望
その課程には煌めき
陰と陽

白と黒、だけが全てではない
それらはあまりに
胆略過ぎるし明確ではない
様々な色合いがある

様々な色合い
それがサイケデリック
僕は色々な色が好きだ
つまりサイケデリック

ついでに言えば、シンプルに
ぶっ飛んだ感じが好きだ
パンクロック
自分で分かっている

戯れ言ばかりでも
むしろ戯れ言でしかない
お祭りを楽しみたい
なければ僕がやるよ

そんな感じだ
あまり不器用、不器用と
連発したくないけど
なりに仕掛けてきたし

なりに仕掛けている
お祭りは一人では出来ない
お祭りは一人でも
多い方が楽しい

多勢でどんちゃん騒ぎ
♪ヽ(´▽`)/
PR
のんびり旅をしたいなー
そーいう意味では
フィリピンはそうだったけど
一人旅。宛もなく

放蕩したいな
やりたいことはやる
それもミュージック
バサバサバサバサ翼がうるさい

風がビュービュー吹きうるさい
遠くに行きたい
いつでも僕は
遠くに行きたくて仕方がない

好奇心、しかない
それだけだ
好きで奇なるものを
求める心。奇妙で

愉快なサイケデリック
サイケデリックでも
生きてゆける
奇妙な感じでね
朝5時。テレフォン
相手はかなり酔っている
「なんで生きているのか分からない」
僕にも経験あるよ、その感じ

神戸の飲み仲間
神戸を離れて3年以上経つ
彼女は小学校の診療科に勤めている
昔でいえば保健室の先生

みたいな感じなのかな
神戸在住時、僕の
行き付けのバーで彼女と
よく会いたくさん話した

けど、どんな話しをしていたのか
ほとんど覚えていない
互いに記憶の飛ばしあい
よくあることだけど

僕がきっときみを楽しませるから
6月までは死なないようにね、と
僕は言った。6/25『目玉の存在』
そんな昨夜だった

今日、LINEでメッセ
「昨日は酔って変な
電話をしてごめんなさい」
きみからの電話は

いつも変だから大丈夫
「6月、行きますね」
楽しませる気が満々だ
かなり長い年月、絶望の

縁にうつ伏せていた僕は
いつしか楽しませたいと
そのように思うようになった
自分の調子が悪いときは

思うようにそれが出来ない
それがもどかしく
感じるときもあるけど
僕がやりたいことは

お祭りなんだし
後の祭りにならぬよう
今を生きるしかないし
そろそろ眠ろう
そんな歌を歌っていた
シンガーがいた
そりゃ誰でもいつかは死ぬ
僕も醜い姿で

いつかは死ぬだろう
残るものは音楽だけだ
そうでありたい
人それぞれに

こう言うかもしれない
残るものは花だけだ
残るものは笑い声だけだ
残るものは一滴の涙だけだ

人様々な色模様
つまり感謝、感謝だ
音楽も花も笑い声
一滴の涙も

一人からは生まれない
僕はたくさんと繋がっていたい
チョー不器用、チョー人見知りな
僕ながらに

お祭りは一人では出来ないから
何気に久しぶりのブッキング・ライブ
この夜の出演者全員が
初対面。リハーサル
スーパー人見知りの僕だ

モジモジしていたら
他の出演者さん全員が
僕に声をかけてくれた
他の出演者さん同士は

互いに面識があるようだ
いいねー、この感じ
ゾクゾクするアウェイ感
になればいいなーと思っていた

これまでにも何度もある
このシチュエーション
全く響かない音楽を鳴らし
身内だけの親睦会

もし全く響かない身内だけの
そんな親睦会なら
出番が終われば帰るつもりだった
なんかキラキラした夜だった

一人一人の世界観
色合い、温度
凄く響いたし届いた
感謝、感謝

自身の企画ライブ
はたまた自身の主催イベント
そんな時は出演者全員で
記念撮影したことはあるけど

ブッキング・ライブで
出演者全員で、一枚の写真に
納まったことは初めて
なんかバンドメンバーみたいな

妙な感じで笑
血が通う感じなんだ
世界が広がってゆく
感謝でしかないな



目玉撮影。夕方
川崎をぷらぷらして
スタジオ入り
スタジオ内でなんとなく

目玉撮影。まだ
僕の目玉は元気そうだ
咲き乱れたままに
乱れるままに

二時間スタジオ
様々な旋律が降ってくる
降臨Love全開な感じで
そのままの流れで

川崎飲み。久しぶり
とか言われたり
よく分からない
そーいや久しぶりなのかな

様々な場所に僕はいる
様々な場所で繋がっていたい
いわゆるネットワーク
僕は歩くインターネット

とか、随分前に言っていたなー
今はその意識はない
日々を暮らしている
僕の日常世界の中で

無理はしない
明日というか今日は
荻窪でライブだし
始発コースではなく

午前3時前に帰宅した
まぁ帰宅後も部屋で飲んでいる
リハ時間に間に合うよう
起きなければいけない

戯れ言三昧はよい
適度なタイミングで寝よう



目には見えない
様々な色合いがあり
音律と旋律が溶け合い
耳から浸透する

だけではない。生の音楽
空気振動、温度
三次元においては
空気が生命の必須要素

空気を透し波動が伝わる
その波動には様々な粒子
だけではない。段階を踏み
伝わることがある

空気も空も大地も含めて
水と赤い血
全部を含めて
響く音楽がある

僕はそんな音楽に翻弄され
少しでも近づきたい
自身がそんな音楽を
鳴らせるようになりたい

僕は音楽になりたい
プロフィール
HN:
遊鬼ウタゲ
性別:
男性
P R
Copyright ©  -- 遊ぶ鬼の日々 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]