サイケデリックでも生きてゆける 奇妙で愉快な感じでね ヽ(*´▽)ノ♪
一抹の不安。無意識
名前を呼ぶと違う人
幼稚園、小学生時代
担任の女性の先生に

無意識に「お母さん」と
呼び間違えたり
その件に関しては小学生時代
一度だけある。かなり

恥ずかしかった
小学生5~6年生だった担任の先生
鼻が高く切れ長な目の
綺麗な女性の先生

僕は国語以外の授業が
好きではなかった
いつもそれ以外の授業は
うつらうつらしていた

そんなうつらうつらしている時
「★☆くん、起きていますか?)
あ、お母さん
クラスメートに爆笑された

今もそうだけど、朝起きることが
極端に苦手
苦手なことがたくさんある
それ以外にも

小学生5~6年の時の担任の先生
三浦先生、その後結婚して筒井先生   
宿題はノートに何かしら勉強
僕は毎日、日記を書いて提出していた

赤ペンで必ず感想を記してくれる
ついでに誤字の訂正も赤ペンで
その時期はそれが楽しいとか
嬉しいとか

まったくなかった
今思えば《普通》の一端
そんな普通を与えられたことは
僕の大きな力

普通であり普遍的
これが僕の軸
かなり不器用なんだけど
たくさんの与えられた愛

愛とは無条件
少しづつ分かってゆく
まだまだ気づいていない
それはまるで

ロックンロールみたい
転がり続ける石
いつかは小さなひとかけら
今はやかましいひとかけら
プロフィール
HN:
遊鬼ウタゲ
性別:
男性
P R
Copyright ©  -- 遊ぶ鬼の日々 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS /  /